« やめるならお酒 | トップページ | 思わず叫びたくなる »

2007年8月30日 (木)

眠る素

『伊藤真の民事訴訟法入門』に眠る素と書いて、眠素(民訴)なんて書いてありましたが、本当につまらない科目ですよね。(もしかしたら違う本かもしれない)
というか、最初にやった時(*1)はなんだそれほどつまらなくもないじゃないかと思ったのですが、いざやってみると途端に眠くなってきて、これはしんどいわと身をもって体験することになってしまいました。

-----
(*1)私は一番最初にDVDの基礎編のみ(*2)をまとめて一気に見たので、それが一応一回目ということになっています。私はDVDを一括購入し、予習も復習もせずに一気に見て、それから憲法に戻ってじっくり勉強をはじめました。このやり方は『新司法試験一発合格の技術』に載っていたのですが、それなりに良かったような気がします。
これから勉強をはじめるという方は是非。

(*2)柴田先生の講義(入門講座)は基礎篇と論点篇に別れておりまして、例えば憲法が全14回だとしたら、簡単な説明を基礎編として一気にやってしまうんです。それで後半(7回目くらいから)は論点篇として、論点の解説をしてくださるのです。『新司法試験一発合格の技術』にはまとめてDVDを見てしまった方がいいとしか書いてなかったのですが、根性なしの私は途中で面倒くさくなって、(しかも論点の解説をされたところで基礎もぼーっと見ただけですから問題の所在もわからないですし)折り返し地点である基礎編で次の科目へうつっていたのです。
私はそれで問題ないと思います。まずはどういう科目なのか分かればいいのですから。
-----

眠い民事訴訟法だったのですが、いつも通りわからなくても気にしないで何度も見ていたらだんだんと頭に馴染んできて、ようやく眠くなくなってきました。笑
民事訴訟法のつまらなさは当たり前のことを言っているというサプライズの少なさと、聞きなれない単語が多いことに起因すると思います。ですから短期間で何度も目に入れておけばだんだんと慣れてくるものです。
それに加え、言わんとすることは大して難しくないのですから、こんな科目楽勝です。(少なくとも現時点では)
この調子で頑張っていきたいですね。
今のところ苦手意識のある科目がまだないので、このまま六法について一通りの勉強を終わらせたいところです。後は刑事訴訟法さえ苦手意識を持たないまま逃げ切れば、なんとか万全の状態で航海が始まったという感じでしょうかね。始まったばかりにしてはやたら疲れている気もしますが……(笑)。


新司法試験一発合格の技術―司法試験超人気講師が教える
■やる気がない時なんかに読み返したりしています。
こういった方法論ものはやる気がなくなった時に助かりますよね。

伊藤真の民事訴訟法入門―講義再現版
■入門S式がちょっと重いなあと思ったときは、こっちがコンパクトでいいと思います。
民事訴訟法は細かい条文挙げられるとだるくなってくるので、そういう意味でも全体を理解するためにいい本だと思います。下三法はこういう本が重要なんじゃないかなあと個人的に思ったり。
このシリーズは一応全部持っていますが、民事訴訟法が一番読んでいると思います。
他の科目は正直あまり価値を感じません。本としての価値というか、私のニーズには合っていなかった……という感じかな。

« やめるならお酒 | トップページ | 思わず叫びたくなる »

日々(学部2年~)」カテゴリの記事

コメント

あれっ、他のアマゾンの商品リンクが消えちゃっているな……どうしてだろう。
訂正するのも面倒くさい……。

民事訴訟法のつまらなさをこれほど的確に言い当てたひとを知りません。ほんと天才ですね。
ぐるぐる回して、6科目クルクルー゛皿ヾ(゜∇゜*) サラマワシの曲芸を見せてくださいね。

>さるべてさん
そうそう皿回しが大切なのですよね。
早く眠い科目は終わらせてしまわなくては。

追伸
アマゾンのリンクは別に消えておりませんでした。笑 ……謎

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眠る素:

« やめるならお酒 | トップページ | 思わず叫びたくなる »

赤Google

  • ウェブ検索
    カスタム検索

VIP

無料ブログはココログ

読んだ本

blogランキング