« めんどうくさい | トップページ | 効率悪し »

2007年8月10日 (金)

LSに向けた学習配分について

法科大学院入試に必要なものは4つあります。

①法律科目
*既習コースのみ必要。
ただ、今後新司法試験を受けていくのですから、未習狙いだとしてもやっておいた方がいいに決まっています。
そもそも未習狙いの人ってあまり聞いたことがないけれど、どんな人が行くのだろう??

②適性試験(DNC/JLF)
私立・国立問わず必要。平均点は上昇傾向にあり、点数ではなく偏差値で見るっぽい。

③英語(TOEIC/TOEFL)
学校によるみたいで、必要のないところは必要ない。
東大はTOEFLのみで、他はどちらでもよく両方出していいみたい。
TOEIC/TOEFLの差は明らかに後者の方が難しいとのこと。

④学校の成績
全ての学校に必要なのかどうかはよくわからないけれど、ほとんどが必要だったはず。
GPA換算で、足きりになることはないので、悪くても不利なだけにとどまるはず。


*比率
法律の勉強:残りが9:1ぐらいだと思います。
残りは適性>英語の順番。学校の成績は努力しようがない。
調べた感じだと、学校にもよるけれど、適性>英語>成績という感じ。
大雑把に言えば、適性5割、英語3割、成績2割ぐらいですかね。

*対策
大学生は適性ではなく、学校の成績を最優先に考える。
GPA換算だと、不可は0点になってしまうから、なるべく不可と取らないように毎回フル単を狙う。
無理に優を狙って法律科目がおろそかになってはしょうがないので、意識としてはフル単だけでいいと思います。
スコアとしては最低で2.0、2.5で普通という気がします。3.0を越えたあたりからは武器になると思います。あまり配点はないので、ここが高得点でもあまり意味がないと思いますが。

次に英語。
おもいきり重要でないものから攻めているような気がしますが、TOEIC,TOEFLというのはスコアですから最初にそこそこのスコアを出してしまえばもう受けなくていいわけです。
一番怖いのは受けそびれて、提出できるスコアがないということ。これだけは避けなくてはなりません。
それに概して初めの試験は慣れていないことから実力通りのスコアが出ませんから、直前になって一度受けただけでは勿体ないと思います。二回目は何も勉強しなくともスコアが伸びていることがほとんどですから、最低でも二回受けるといいと思います。
TOEICなら500~600点くらいあれば、充分だと思います。
英語はやたら出来る人種というのがいるもので、あまり英語による加点は期待しない方がいいと思います。
TOEFLはとても難しいので、選択できるのならTOEICにすべきだし、それに絞ったほうがスコア上も良いと思いますが。

[適性試験]
これも早い段階で模擬試験だけ一度受けておくと良いと思います。
平均点が65点くらいで、平均を10点ほど上回っていればほとんどの学校に出願できると思います。
一橋が足きり得点が高かったような……。85点あれば全ての学校が楽勝!?
ということは、
85点-(自分の得点)=努力値  ということになります。
具体的にどう対策をすればいいのか、わからないので目処が立てば情報を提供したいと思っています。

[法律科目]
これは頑張るしかない。
Wセミナーから出ている色々な学校の過去問が載っている本を見た限り、旧司法よりはやや新司法より!?


何か有益な情報を持っていたり、私の書いたことで間違っている(もしくは反対意見)部分があれば、指摘してくだされば大変に助かります。
blogをはじめた以上、何か有益な情報をもたらしたいと思って書いてみたのですが、誰でも知っていることですよね。南無。

« めんどうくさい | トップページ | 効率悪し »

勉強法」カテゴリの記事

コメント

だれもが知っていても、ここまで明確に言いきって整理してある論稿はないと思いますよー。どこを受けるかによって、重点は異なることになってきます。たとえば、慶應はどの教授に推薦状をもらうかとか、東大と早稲田は他学のひとは考慮から除いてよいとか。関西についてはこの自習室にたくさんのロー生がいますが、関東は不明というか、情報交換サークルがないので、是非幹事さんになってくらさい。

そうですか、ありがとうございます。
勉強したばっかりなのに生意気なことを書いてしまって、少し後悔をしていたところでしたから勇気付けられました。

必要なものが多くて、自分でも整理しておきたかったのですよね。

幹事は私がだらしないので、ちょっと自信ありませんが、情報交換に役に立てるようにはなりたいです。

ロー入試って教授の推薦状がいるのですか??
それは初耳です。
他学の人は考慮からのぞいていいっていうのも。

成績に関していえば、不可の扱いは大学によって異なります。
また、ローが計算式を示す場合がほとんどで、その場合、GPA換算よりも、ほとんどが優率を記入させています。
不可が外部への成績証明書に記載されない大学の場合は、優がとれないと思ったら、あえて試験をうけないことも重要です。
フル単じゃないと後々めんどくさいですけどね・・・

その他の項目について示されている数値では、上位のローだと十分とはいえないと思います。
よほど法律科目ができる既習者ならば、いいのかもしれませんが・・・

推薦状はほとんど任意です。早稲田など、どこまで加点されているかは未知数という感じです。

なるほど。色々とありがとうございます。
優率重視なのですね、それは初耳でした。
とはいえ、私はもう卒業に必要な単位を半分ほど取ってしまいましたが……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LSに向けた学習配分について:

» 小論文の書き方 [小論文の書き方-SKILLMARK.JP]
『低価格』&『添削の品質』に自信があります。 スキルマークが展開する大学受験生向け 『小論文添削サービス』 『誰にでも何時でも何度でも学んでほしい。』 [続きを読む]

« めんどうくさい | トップページ | 効率悪し »

赤Google

  • ウェブ検索
    カスタム検索

VIP

無料ブログはココログ

読んだ本

blogランキング