« 割とオフ | トップページ | 択一六法 »

2007年10月 4日 (木)

思うに

よく模範解答とか論証で見かける「思うに」という言い回しって何だか格好悪いですよね。
なんか他の言い回しないんですかねえ。
「けだし」、「案ずるに」……ぴったりくるのはあまりないですねえ。「けだし」は制度趣旨を書く時なんかには使ってもいいのかな。結局、使い分けが面倒臭いから「思うに」で代用させてしまうのですかね。
ううん……。

« 割とオフ | トップページ | 択一六法 »

一言」カテゴリの記事

コメント

「私見では」「自説を展開すると」「私の見解では」「女帝説によると」あ、特定答案・・・
「けだし」は「まさしく・たしかに」という意味でしたが、かの我妻博士が「なぜなら」という用語法として確立されました。緑様も用いてくださいね。
「じっと考ふるに」を使っている私は古うございますかねぇ?

「軫念する処、惟(おも)うに」を女帝も使って良いことにするぞよ。
御名御璽サルヒト

「私見」では、「私の見解では」はなかなかいいですね。
けだしの話は有名ですが、使ってもいいんですかね。

「じっと考えふるに」は私も使うことにしようかな。笑

「けだし」は老人くさいと嫌う試験委員もいます。
ここは若若しく「ぼくは思う」「私は考える」
「ここでまとめてみる」「ファイナル・アンサーとしては」
など最近の流行を・・・
間違っても「そんなの関係ねー」とかは
使わないでね。

反対説批判は「そんなの関係ねー」で決まりですね。

セミナーの論文問題集の参考答案では「私は~と考える」って形式が多い気がします。
ただ、字数が多くなるので、私も「思うに」連発してます。
そして、意外と「思うに」の言い回し、好きだったりします。

>たむさん
ああ、そうなんですか。いかに私がLECに侵食されているかわかる話でしたな。笑
私は~と考えるを採用してしまうと、文章が複雑化して悪文になるし、主語を論文式試験で出すのに変な抵抗がありますなあ。もちろん文字数も。

たくさん使うと、好きになってくるものなんでしょうかね。好きになってしまうのが一番の解決法なのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思うに:

« 割とオフ | トップページ | 択一六法 »

赤Google

  • ウェブ検索
    カスタム検索

VIP

無料ブログはココログ

読んだ本

blogランキング