« 久しぶりに外に出ます | トップページ | 地味に便利 »

2008年3月 9日 (日)

覚える技術

役に立つかどうかはわかりませんが、普段私が暗記をするときにやっているやり方を紹介します。
一時的に暗記する際に有用です。

例えば事前抑制の例外の規範を覚えたいとします。
判例に従うのでしたら、

「表現内容が真実でなく、又はそれが専ら公益をはかる目的のものでないことが明白であって、かつ被害者が重大にして著しく回復困難な損害を被る虞があるときは、例外的に事前差止めが許される」

これを覚えるわけですが……。

①意味と構造を確認する
要するにすごく仕方がないなら事前差止めができるということですよね。
構造としては真実でないor真実だけど迷惑な時に二分することが可能です。

②覚えなくていい部分を探す
最後の「例外的に~許される」は覚えなくていいですよね。
そのために規範を立てているのですから、こんなところは覚えなくてもいいはずです。

③覚える(①・②はできなかったら、いきなり覚えるのでここからです)
(ⅰ)五個以内の文節に区切る
(ⅱ)区切った部分を各指に対応させて覚える
ex.
①表現内容が
②真実でなく、
③又はそれが専ら公益をはかる目的のものでないことが明白
④かつ被害者が重大にして著しく回復困難な損害を被る虞がある
①から親指で今回は④までですから薬指までです。
まず親指を見つめながら①を暗記します。これを最後まで繰り返す。
全部言おうとしてつまったところがあったら、その指を抜かして次に行く。
そして最後に残った指が思い出せた文脈から推測する。ダメなら諦めてもう一度覚えなおす。
これを2~3回繰り返せばどんなものも一時的には暗記できます。
あとはひたすら何度も覚えるだけです。

これは結構オススメです。
一時的に覚えたらマメに思い出すことが大切です。
寝てる時に思い出せなかったら、頑張って電気をつけて覚えなおす。
電車に乗っている時に思い出せなかったら、鞄からテキストを出して覚えなおす。

特に通学でカリキュラム上、何度もまわせないような人は一回、一回が貴重ですから一時的にでも覚えておくといいんじゃないかと思います。
私のように通信でしたら、こんな面倒くさいことはせずに何度もまわして、その文字に馴染んできたところで、このやり方をとどめを刺すという感じがいいと思います。いいっていうか楽です。


今日は憲法を勉強している夢をみました。
夢の中で勉強しているとお得な感じがしていいですよね。
日曜日はお店がどこも混雑するのでほんの少し憂鬱です。(父親も家にいるし……)

« 久しぶりに外に出ます | トップページ | 地味に便利 »

勉強法」カテゴリの記事

コメント

おみごと!

これはかの有名な北方ジャーナル事件
のフレーズですが、その辺の裏はとって
ありますか?

早速パクろっと

>さるべてさん
裏をとる?
一応、予備校本でなく芦部先生の本を参考にしたので記述に間違いはないはずですが…。

>がくさん
パクり推奨です!

さすが、女傑。
判例の規範の一字一句にこだわる
ところをはずしていない!
もう、プロレベルですね。

ありがとうございます(笑)。
でも、たまたまそうしただけですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりに外に出ます | トップページ | 地味に便利 »

赤Google

  • ウェブ検索
    カスタム検索

VIP

無料ブログはココログ

読んだ本

blogランキング