« 閉店時間 | トップページ | @ »

2008年4月24日 (木)

入門講座は早く終わらせる

-入門講座は早く終わらせる-

柴田クラスについて、第二回です。
今回は[お薦め受講法①]です。通信であることが前提です。

カテゴリー内の記事が後に書いたものから上にきてしまうので、まとめて読む人は物凄く読みにくいですよね。
申し訳ない。
時間があれば改善したいと思ってはいますが……。


※第一回を読んだことを前提に書いていきます。といっても柴田クラス特有の単語を省略するだけですが。


資格予備校はなかなか合理的にできているもので、入門講座で必要な範囲がきちんと終わるようになっています(先生の言う通りならば、ですが)。
とにかくせっかく入門講座をとったわけですから、「入門講座でインプットの全てがおわる」という柴田先生の言葉を信じてみようではありませんか。
というわけで、入門講座=学習すべき範囲です。

そこで、私の作戦は、範囲がわかっているのですからとにかく全体を見回してしまおうというわけです。
いわば、最初の段階は司法試験に必要な勉強のイメージを掴む作業というわけです。

【とにかく早く終わらせる】
[早く見終わるための技術]
①[論点編]は全てカットし[基礎編]だけを見る。
そうすれば全92回の入門講座は実に半分以下になります。

②DVDを倍速設定にする。
どのパソコンも二倍が限界ですが、はじめは二倍くらいでいいと思います。
短期集中ということで気合を入れて理解に努めましょう。わからないところは飛ばしますが、どうしても気になるなら、巻き戻したり再生速度を遅くしてもいいと思います。
ですが、柴田先生の話し口調は決して早くないので二倍推奨です。
聞き取れないという人は徐々に二倍に近づけていきましょう。
ちなみにテープですと、二倍で再生するにはかなりの金額を出さなければならない上に、ピッチが変わって声が変なふうになるものがほとんどですから、テープはダメです。
私はよく知りませんが、倍にできるならインターネット受講もありだと思います。

③予習・復習はしない
とにかく先へ進む。見終わったらすぐに次のDVD。
補助教材やLECから送られてくるいかにも使えなさそうなテストは、すぐにゴミ箱へ。ただし柴田先生のオリジナル教材は役立つものが多いので残しておきましょう。プロヴィはゴミ箱で問題ないと思いますが不安な人は残しておきましょう。

④少しでも先へ
1コマ3時間だと、つい3時間の余裕がある日しか講義を聴こうとは思わないものです。
しかし、それではいつまで経っても講義が終わらないので、1分でも2分でも先へ進めなくてはいけません。

具体的にどうするか。
④-1 二分立で考えない
とにかく怠け者は二分立で考えがちです(私も含め)。

(×)今日は24時には寝たい。いまは22時だ。残りは2時間しかない。……やめておこう。
(厳密に言えば倍速ですから2時間で充分ですが、それはひとまずおいておくことにして)
(○)~残りは2時間しかない。……じゃあ、とりあえず前半の90分を聴こう。

―これでいいと思ったら大間違いです。

(◎)~残りは30分しかない。……じゃあ、30分講義を進めよう。

④-2 ふせんを使おう
半端に講義を進めると、どこまでやったのかわかりにくくなる。
DVDならレジューム機能を使えばいいのですが、他にも応用できるものとしてふせんを使うといいです。
ふせんに第3回1:22とか書いておけば、すぐにそこから続きを見ることができます。

④はすごく大切です。いくら倍速とはいえ、まとめて3時間(実質90分)見るのは結構疲れます。
ですから、今なら聴けると思った時にどんどん聴いて進めておくのがコツです。
10分の空き時間でも倍速なら20分です。早く進めることをひとまず至上命令としてとにかく聴く。
私のお薦めはパソコン前に紙を置いておいて、民法12345678…と書いておく。それで聴き終わったものを消す。それだけでも充分にやる気に繋がる。

はじめたばかりのやる気が尽きる前に入門講座を終わらせる。
これに尽きます。


ありえそうな疑問には予め答えておきます。

Q.そんなに早く聴いて理解できますか?
―できないところもできるところもあるし、ゆっくり聴けばわかるかも、という部分もあります。
ですが、早く聴いても遅く聴いてもそう変わりません。下手の考え休むに似たり。

Q.大体どのくらいで終わらせればいいですか?
―目標は一ヶ月。現実的にやや遅れて一ヶ月半といったところでしょうか。私もそのぐらいだった気がします。
三ヶ月はまだ許容範囲。とにかくできる限り早くということです。

Q.あとで聴きなおすのですか?
―そう。

Q.二回聴くのは無駄じゃないですか?
―無駄ではありません。入門講座で習ったことは頭の片隅にも残っていないはずですから。


続きは近いうちにまた書く予定です。

« 閉店時間 | トップページ | @ »

柴田クラス」カテゴリの記事

コメント

すばらしい!倍速視聴速習術として___φ( ̄^ ̄ )メモメモ

1ヶ月で入門六科目完全制覇ですか。昔は最低半年かかったものですが。

ノートはとるな、付箋を使え!
とにかく先へ進む。見終わったらすぐに次のDVD
られてくるいかにも使えなさそうなテストは、すぐにゴミ箱へ
プロヴィはゴミ箱で問題ないとφ(◎。◎‐)フムフムフム 

!ハーイ質問デス(ノ’-^)-☆
あと3週間で本試験なのですが、試験問題を倍速で解いていいのでしょうか?

/だるべてさん
>ノートはとるな、付箋を使え
ノートのかわりにふせんを使うという意味でなく、ふせんに講義の時間を書いたおけばすぐに検索できるという意味です。

>あと3週間で本試験
いや10倍速で。

10倍速でつか。もう、肢の書き出しで判別するしかないくらいの
速さでつね。オニでつね。A4文書36ページくらいを21分で読めと。
ビジネスならそーゆーこともありえますが、それを本試験会場でやれと。
Y(>_<、)Y ヒェェ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 閉店時間 | トップページ | @ »

赤Google

  • ウェブ検索
    カスタム検索

VIP

無料ブログはココログ

読んだ本

blogランキング