« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月28日 (水)

慣れ

私はどうもあまり問われていないだろう論証は物凄く薄く書いてしまうようで、模範答案を読んで、さすがにこの(自分の)量だと薄すぎてダメかと思うことが多々あります。
おそらく自分の答案を書く時点でイメージしてる"薄め"の論証が物凄く薄く、"厚い"論証もさほど厚くないという、ずれがあるみたいです。
答案慣れしていないことと、紙面を使い切ることを怖がりすぎというの原因として考えられるのですが、こういうのは意識的に直していかないと……と思います。

あてはめはだんだんコツを掴んできました。大事だと言われるだけに思考錯誤したのですが、いつでも使えるパターンに気付いたので、最近はそれにのっけて書いています。
過去問の人権は比較衡量と実質的関連性だけで解けるんじゃないかとか正直思ってるんですけど。問題集に出てくるほどLRA使わないなという印象です。答案がLRAのこともありますが、私はあまり使ってないです。
がんばります。

2008年5月23日 (金)

論文作成

ちょっと前から、一日一通は答案を書くことを決めています。素材は過去問。
六法のみのノーカンニングでやっています。

実は決めただけで、ちょっと疲れていたりするとすぐサボってしまっています。
私はベッドに入ってから、すぐに眠れないほうですが、論文を書き始めると何故かすぐに眠くなるのでちょうどいいということで寝てしまっています。眠くならないなら書くし、眠くなったら寝るという感じであまり気にしていません。

そんなふうに、ノロノロやっているものですから、まだ憲法の最初のほうです。
ですが、20通も過去問を素材に実際に書いてみると、だんだん掴んでくるものがあって、実力があがっているなあなんて思います。
定期的な模試があるわけでもなく実力向上が実感しにくい試験ですから、体感で掴むしかないですよね。

最初は答案構成だけやっていたのですが、構成で済ませようとか思っているとあてはめがどうしても適当になってしまうので、途中から論述するように変えました。
実際、変えてよかったです。
いざ構成を終えて、論述してみると、意外と構成段階で余裕で書けると思っていた部分が書けなかったりしたり、論証でちょっと不安な部分が見つかったりといい感じで学ぶものがあります。
いまのところ、論述してみて学ぶことのなかった回は一度もありません。
試験(入試なり旧司なり)が近づくと、悠長に毎日論述なんかしていられないと思うので、早いうちにやっておくといいと思います。

ただ過去問の解答にけっこう不満なんですよね。
解答のいい過去問集があったら教えてほしいです。
それにしても傾向ってやっぱりありますね。大昔の問題はあんまりやる価値ないなって思います。

最近はLS入試からどんどん遠ざかっている感もあるのですが、自分の第一志望とする学校の過去問は何度も見たし、あんまり気にしないことにしています。
来年の6月ぐらいまでは、寄り道してるかも。

2008年5月20日 (火)

何のための択一なのか

択一の問題を解いているのは、択一の問題を潰すことで知識の量を増やしたいのではなく、インプットがきちんと出来ているかの確認のためにやっています(私は旧司法試験を受けるわけでないから)。

例えば、94Ⅱの「善意の第三者に対抗することができない」という文言も言われれば、わかったような気になるけど、択一の問題を解くと文言の意味がより深くわかることもあるし、じゃあ、第三者の側からは対抗できるの、といった想定しえない設問を前にしたときに理解の浅さに気付くことになるわけです。

ところが、最近は何問やったとか、この肢の知識がなかったとかそんなことを気にしてしまう傾向にあるので、なんのために択一の問題をやっているのか再確認し、目的を見失わないようにしないといけないなと思いました。

もっと抽象化していうなら、ある行動(問題を解くとか、テキストを読むとか)に対して何らかの目的(知識を増やすとか)があるはずですし、その目的と関係なくその行動をとるなら、もはやその行動に意味はないわけです。

どのような勉強にしても、つい手段に夢中になるあまり目的を逸脱してしまうことがよくあることですが、そのへんは本当に気をつけたいですね。
そもそも択一を解くこと自体、無駄じゃないのかという迷いも私の中にあるのですが、これはとりあえず新司法を見据えての折衷案をとったつもりです。

2008年5月19日 (月)

一日を振り返って

日曜日@休日

6:40 起床 
もう少し起きるはずだったのですが、ここ一発の気合が足りず15分ほど布団の中でぐずぐずしてしまった。

7:00~ 朝の学習
択一過去問:もうやった問題を含め15問ほど。
ちょっと気になるところがあったので、DVDで該当箇所を聴きなおしたものの、解決せず。

8:40~
朝食は長めの40分。原因は家族との無駄話。とりあえず反省点。

9:20~
択一過去問(15問くらい?)と柴田先生のレジュメ(債権・契約法)の見直し。だいぶ覚えてきた。
英語の今日のノルマを終わらせる(30分で終わる程度・リスニング)。

12:00~ 昼
昼になったことに気付かず、そのまま作業継続。

14:00~ 
空腹になったものの家に誰もいなかったので、気晴らしも兼ねて外食。
寂しく一人イタリアンを済ませ、その後は喫茶店で学習。
民法案内(債権中巻)を黙々と読む。
そのあと、本屋でIT系の本とビジネス書を1冊ずつ購入。

19:30~
夕飯。夕飯前後で買ってきた本を読む。早く勉強したかったので入浴は早めに切り上げた。

21:00~
勉強しようと思うもののあまりにやる気が起きないので中止。
音楽を聴きながらぐうたらする。本当に何もしない無駄な時間。

22:30~
再び学習にとりかかる。
とりあえず好きなインプットというわけで、ダットサン(総則・物権)を択一六法をひきながらちまちま読む。
集中力が回復したところで、択一の民法過去問(総則・物権)を5問ほど。
何を思ったか、突然、論基礎を適当に二問解く。
疲れたのとやる気がなくなったのでインターネット開始。(23:20~)

実質学習時間:4時間30分

*****

やることがバラバラなのがよくないですね。
択一を解くなら択一を解くという姿勢が大切だと思いました。
あと、英語をもっと時間をとりたい。
いっそのこと17時には勉強を切り上げるとか決めてしまって、やれる範囲でやるというめりはりが大切なのかもしれません。

2008年5月18日 (日)

択一と読書

ここ数日は、主に択一の過去問と基本書の読書をしています。
過去問は1日に15~30問ペース。
体調や勉強可能時間を考え上で、今日は20問と最初に決めてしまいます。
もし終わってしまっても、次には進まずその20問の復習をひたすらやります。
実は30問なんてあっという間に終わってしまうので、ほとんど読書をしているだけの日々です。
(朝8時から勉強してたとして午前中には終わる)
択一はだいぶコツを掴みましたね。なんとも説明しづらいコツのようなものが存在するんじゃないかと思います。

あとは英語ですね。英語を最近やっています。いい教材があれば教えてほしいです。
法律科目について不安はないのですが、英語がとにかくできるようになりません。
とにかく聴けばなんとかなるって本当なのでしょうか。

2008年5月12日 (月)

択一の過去問

今まで択一の過去問は辰巳のスタンダードシリーズを使っていたのですが、Wセミナーから出ているほうがずっといいと思うので、買い換えることにしました。
もう結構汚くなってしまったので、ちょうどいいということで……。

[辰巳の択一過去問]
・解説が無駄に長い ×
・値段が高い(4000円~) ×
・分厚い ×

[Wセミナーの択一過去問]
・安い(3000円くらい?) ○
・比較的薄い(なんとか持ち歩き可) ○

お金にの余裕のある人は、家に辰巳、鞄の中にセミナーがいいかもしれません。
問題と答えだけ書いてある択一の過去問が欲しいですね。
法学書院とLECは年度別なので話にならないと思います。
柴田先生お薦めのTACは収録問題数が異様に多いのと、値段が高いのでいまひとつな感じがします。
それに問題と解説が別だから、どの範囲をやっていたとしても二冊持ち運ばなきゃいけないのがすごく不便だと思います。

コピーが賢いのかなあ。もしくはちぎるか……。
その点ではLECのは取り外しできるらしい(?)ので、実は一番使えるかもしれません。
自分で並び替えるのが面倒だし、そんなことするぐらいなら、体系別の過去問を手でちぎったほうがいいですよね。ちょうど裏に解説があるし。

2008年5月10日 (土)

民法と論証

どうも民法に厚い論証は不要なのではないかという考えが最近強いのですが、どうでしょうか。

2008年5月 9日 (金)

スケジュール変更

今年の答練のスケジュールを見たら、去年と少し変わっていて、私が思ったのとは少し違ったものだったので、それにあわせて私もスケジュールを変えるつもりです。

想定外のことが起きるのはあまり望ましいことではありませんが、短期でまわせる直前答練のようなものが新しく(?)出来たようで、私としてはうれしいハプニングです。

答練に関しては、どれがいいのかは何もわからないのでまだまだ迷っています。

・候補

LEC前期A型 国公立対策

LEC前期A型 私立対策

スケジュールと答練の名前が違うのですが、スケジュール的には後者、ニーズとしては前者を受講したいのですが、内容は別ものなのでしょうか。

なんとなく内容が同じもののような気がするので、迷うところではありますが。

私の予定では6月から答練を受けてそれをペースメーカーに学習しようと思っていたのですが、答練のスタートが少し遅れるのでそれまでに択一の過去問を潰しながら、基本書やテキストをのんびり読んでいるつもりです。

択一を解くと、理解の甘さがわかることもあって、なかなかいいと思っています。

私のひとまずの目標であるロー入試からすれば択一(の知識を入れること)などどうでもよいので、遅めのペースでひとつひとつ考えながらやっています。それでも問題数が少ないので遅くとも夏の終わりには潰して、ひとまず知識を入れる学習は終わりにするつもりです。あとは復習、復習。

2008年5月 4日 (日)

今日は一日無駄にしたような気がする。
勉強に一日時間を使ったはずなのに、効果らしい効果もない。
原因を考えよう。
まめに勉強内容の確認をするのは大切かもしれない、と思いました。

それから覚えるつもりでやっているのか、理解をするつもりでやっているのかというのもはっきりさせないと、すごく不毛な時間になってしまいますね。

明日はよりよい一日を。

2008年5月 3日 (土)

最近の割り振り

最近は択一に1時間ほど時間を割り当てていて、残りの時間は基本書を読んでいます。

択一は毎日10問くらいしか解いていませんから、もしかしたら1時間も使っていないのかもしれません。
後は基本書を読んでいます(3~4h)。

さらに余った時間は法律と関係ないことをしています。
例えば学校の勉強だとか、英語の勉強とか、読書をしたりとか、そんな感じです。
遊びに行くことも多いです。週に2回くらいは友達と夕飯を食べたりお茶をしたりしています。

6月まではこのまま基本書を中心に、択一で確認するという作業を続けるつもりです(だから上三法だけ)。
行政法のDVDが届いたら、それを見ようと思っています(もうすぐ?)。

主に使っているものは以下の通り
[民法]
・ダットサン(我妻) ★★★★★
・民法案内(我妻) ★★★★★
・民法第八版(我妻) ★★★☆☆ (茶色いやつ)
・コンメンタール(我妻・有泉) ★★★★★ 
・民法入門(川井) ★★★★☆
・民法概論(川井) ★★★★☆
・スタートライン債権(池田) ★★★★☆
・内田民法(1巻のみ) ★☆☆☆☆

[憲法]
・憲法(芦部) ★★★☆☆
・憲法(辻村) ★★★★☆
・憲法解釈(内野) ★★★★☆
・憲法(高橋他三人) ★★★☆☆

[刑法]
・講義案(裁判所) ★★☆☆☆
・刑法総論(山口) ★★★★☆
・刑法各論(山口) ★★★☆☆
・刑法入門(前田) ★★★☆☆

あくまで主観的な意見ですけどね。

・内野先生の本は内容がいいけど文章が肌にあわない。
・コンメンタール民法は持ち運びやすさ以外は最強(初歩から応用、さらにわかりやすい)。
・講義案の刑法は評価が高いですが、載っている学説も少なくそれほど良いとは思いませんでした。ただ、たまに載っている雑談(?)みたいのはけっこうおもしろいです。
・山口先生の本は行為無価値の人でも読む価値はあると思います。なるほどなーと思うところが幾つか。
・憲法はとにかく辻村先生がお薦めです。変な立場をとっている箇所も少ないので、芦部先生の本を使うならこっちのほうがいいんじゃないかと思っています。
・内田先生の本はわかっていたはずのところが、よくわからなくなりました。

2008年5月 2日 (金)

昼寝

けっこう昼寝を取り入れてる人って多いですよね。
私は絶対にしません。
そこまで言い切るかという感じですが、とにかく昼寝はしません。

起きないか眠れないかのどちらかだからです。

昼寝は、色々な本にもいいと書いてありますが、難しいと思うんですよね。
15分寝るといい、なんていいますけど、私は寝付くまでに40分はかかるし、さっと寝て15分で起きるってなかなか難しいと思うんですがね。それに、15分間目を瞑ったことを「昼寝」と言っていいのかという疑問もあります。

ただ最近、妙に眠いので、昼寝を取り入れてみようか悩んでいるところです。
ちなみに今も眠すぎて、既にパジャマです(笑)。

2008年5月 1日 (木)

反復

つまるところ、単純作業なんですよね。
耐えなくては。

刑法総論のテキストがどれも不満。
ここはいったん区切りをつけて各論に行くべきか……。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

赤Google

  • ウェブ検索
    カスタム検索

VIP

無料ブログはココログ

読んだ本

blogランキング