« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月15日 (日)

故障

実はブラウザ(Opera)の調子がおかしくってずっとネットをしていなかったんです。

IEを使えばネットができるのですが、なんとなく放置してしまっていました。

原因もちょっとよくわからなかったのですが、とりあえずCookie関連をいじったら少しは使えるようになりましたが、相変わらずプログラムが突然終了したりします。再インストールして直ったらいいのですが、直らなかったら面倒くさいのでしばらく放置すると思います。

そんなわけでしばらくblogは更新しないかもしれません。

2008年6月 7日 (土)

ノルマ

よく、小さな目標を設定してそれを順々に乗り越えていくっていう目標の立て方がありますよね。
ノルマ制なんかはまさにそれだと思うんですけど。

それは確かにいいことだと思うんですけど、ノルマ設定途中であまりに視線が近くにいってしまい本来の目標を見失いがちになると思うんですよ。

だから、何のためにこのノルマがあるのかをいつも意識して、それに適ったやり方で勉強すべきだし、そもそもそのノルマが目的に適っていないのならば、別にやらなくったっていいわけなんですよ。

ノルマ制にしてそれが終わったらもうやらないとか、ノルマが終わるまでは維持でも机の前に向かうとか、ノルマを変えることは絶対にしないとか、そういうのもまた違うんじゃないかなと思うんですよね。


なんていうか持ち時間が12時間あったとして、ということは最大12時間使えるわけですから、なんかこうノルマどうこうで残りの時間を潰してしまうのは勿体ないんじゃないかなと思うんですよ。
勉強が嫌いならまだしも、あんまり明確に、今は勉強しない時間! みたいにしても(それを休憩としているならば必要なことですが)よくないのでは~とか考えてみたり。


2008年6月 4日 (水)

各科目につき

各科目に必要なものを意識して、それを学習するといいんじゃないかと最近は思います。
まあ当たり前のことで、いまさら言うことでもないんですけど。


-民法-
・要件効果
個人的にはこれが重要。論点にもそうだし、正確に抑えることで、応用問題への対応も可能になる気がします。
理解にも加えて暗記が重要な部分だと思います。
こんなの当たり前でしょっていうのも思わぬ用途があるので覚えておく。
かといって全部覚えるのも難しいので、試験に出そうなところを覚えておけばよさそうです。
各範囲の基礎となる(タイトルとなる)条文があると思うのですが、そのへんを抑えることを意識しています。
例えば、請負、売買、相殺、同時履行、とか。
・趣旨
覚えられる範囲で。あとキーワードで覚えると、覚えやすいしそこから思い出したりカスタマイズ出来たりしていいのだと思います。
・条文
番号と中身。論文には引用として使うことを考えれば自ずと日々の学習で番号を覚えようという意識が生まれると思います。それ以上でもそれ以下でもないと思う。特にn条によるm条の引用みたいのは、意識しないと探すが面倒くさそう。


-憲法-
・精神
これは憲法の精神以外の何ものでもないような気がします。
強いていえば、具体的あてはめと適切な判断基準でしょうか。ただ、いくらあてはめの練習をしたところでそのあてはめが評価されるのかよくわからないので、自分の中で論文の書き方みたいのが決まったらもう後回しにしていいような気もします。
事案をうまく使う(?)っていうのがポイントですかね。

・論証とか規範とかの暗記と理解
地味に重要。慣れてくると規範なんかいつでもスラスラ言えますが、それでも小さな論点は書けると思っていても頭から出てこなかったりしますから、まめに覚えなおすことが大切だと思います。
あとは自分の規範をよく理解していないとあてはめがいまひとつになるので、そのへんは要研究。
私は実はよくわかっていません。今後の課題です。

・統治は民主主義
統治は民主主義というものを強く意識して勉強する。
そんなもんわかってるよ、ぐらいと忘れてしまいます。
統治といえば民主主義民主主義……と呟くようにしましょう。各機関と民主主義の距離のイメージを統治をやるときはまず書くことにしています。
民主主義というよりは国民との距離でしょうか。

-刑法-
・完璧な論証とその丸暗記
刑法は割と完璧に近い論証をかける科目なんじゃないかと思います。
また他の科目に対して、論証の重要度が高いような気もします。
持っている論証がいまいちだと思ったら何度でも訂正して、丸暗記できるような覚えやすい論証にしておきましょう。キーフレーズで繋がっているようにすれば意外と長いものでも覚えられます。しりとりみたいな感覚です。
特に総論。

・フレーズ暗記
キーワードでなく文自体をそのまま暗記します。それで暗記したものを簡略化したものも容易しておきます。
論証暗記の確認の為や、答案構成のためです。
「思うに、故意責任の本質は~~」という文章があったとしたら、これを丸暗記した上で簡略化して[故意責任の本質]とします。それで暗記したものの主部と述部を強く意識し、最初の文の述部と二つ目の主部を対応させるのがしりとりのポイントです。

・共犯
絶対得意にしておく。

なんというか言っていることがよくわからないと思うので、コイツ変なやり方してるなとでも思っていてください。
ただ、私がここで言いたいのは工夫しないと論証そのものの丸覚えはつらいということです。

あ、論文の話です。
択一は予備校テキストを見て覚えて、問題集でDo&CHECKです。大切なのはCHECKで、どうしてできなかったのか、何を覚えていなかったからできなかったのかをよく考えます。なんでもかんでも知識不足に原因を求めないこと(自分に向けて)。

2008年6月 1日 (日)

勉強

最近は勉強している時間を大切にしています。
同じ3時間勉強するにしても、一回でやるのではなく、1時間を3回にわける。
1時間おきに、効果があったのかといったことを逐一確認しています。
前からやっていたんですけど、その単位を少なくしたというか。

これから法科大学院とかで忙しくなったりすることを考えると、いまのうちに単位時間内の効率を最大まであげておきたいのと、後は短時間で勉強を打ち切りたいんですよね。
短時間で勉強を済ませたいのではなくて、どうしてもやりたい勉強とやりたくない勉強(科目とかではなく)があるのでそのへんを踏まえて、一番効果のあることをやる時間っていうのと数時間とって、それからやりたい勉強をやるという風に変えていきたいんですよね。

最大効率化された定量+割と好きなスタイルの勉強という組み合わせでやっています。

特にインプットの際に、覚えたかどうかちょっと確認したり、今やっていることの整理をちょっとするだけで記憶の定着がだいぶ違うと思います。
論証暗記とかじゃなくて、要件とか論理展開とかですかね。
そのついでに似たようなものも簡単に思い出したり、いま学んでいることの実益を考えたりするとすごくいいと思います。
基本的に予備校テキストに書いてあること、もしくは強調されていることは司法試験に重要なので、どうして重要なのか考えてみると、色々と膨らむものがあります。

なんだか抽象的でよくわかんないですけど、そのうちまとめたいとおもっています。
最近寒いですよねー。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

赤Google

  • ウェブ検索
    カスタム検索

VIP

無料ブログはココログ

読んだ本

blogランキング