« 休みの計画 | トップページ | 体力がありません »

2008年7月23日 (水)

民法の論文

民法の論文が物凄く難しいですね。自分が、全然、民法をわかっていないことを痛感させられます。

私の中では平成3年の問1が最高の難問です(強迫の問題)。基本が大切といわれるゆえんがわかるような気がします。そして、民法は攻略に時間がかかることもこの問題を通じてわかるんじゃないかと思います。微妙に最近のものとは傾向が違うような気もしますが。あんまり問題を見ているわけじゃないので、もっと難しい問題はたくさんあるかもしれませんが。

それにしても合格者の答案を見ると、テンションがあがります。

A答案の中には、これすごい!!っていうのが何個もあります。

難しいことがわかったところで、それに向けて何をやればいいのか掴みきれてないのですが、しばらく考えています。論文で一度でも使った条文は要件効果を覚える時にそのケースみたいのもメモして、類似の事案に処理できるようにしておくといいかもしれないとか思っています。

あと、夏休みは答練たくさん受けます。演習の夏にする!

« 休みの計画 | トップページ | 体力がありません »

日々(学部2年~)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 休みの計画 | トップページ | 体力がありません »

赤Google

  • ウェブ検索
    カスタム検索

VIP

無料ブログはココログ

読んだ本

blogランキング