« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月29日 (月)

もう月曜

一週間の目標をきちんと決めないと、あっという間に過ぎてしまうことを実感。
今週は密度のある一週間に。

2008年9月28日 (日)

10月からの計画

10月からは、六法+行政法のうち、苦手なところを選んですすめていくつもりです。
例えば、今週は憲法・民法をやると決めて、憲法・民法のうち苦手なところ・長らく放置していたところ・忘れていそうなところ(テーマ)を選んで重点的にやったりしてすすめていくつもりです。
重複なく、早くまわせるように工夫しようかなと思っています。
モレをおそれるあまり、重複部分(既に記憶していること)を過分にやることだけは特に避けたいので、短いペースで区切って自然と合理的になるようにしていこうかなと考えています。

あとはWセミナーの羽広先生の講座をとりたいです。
いないなあと思っていたら、新司法試験のほうにいるじゃないですか。
刑法・総論部分だけ、論証に不安があるので、独立して何か申し込もうと思っています。
さすがに、そんなに細かく無理なのかな。とにかく、いろいろ妄想中。

2008年9月24日 (水)

柴田先生

生で見たことはないのですが……。

(HPより引用)
>名前:柴田孝之
>生年月日:1972年9月22日(36歳) 身長162.5cm 体重46.5kg
ソース元
柴田先生のHP


ほそっ!!!
私とあんまりかわ……。

2008年9月22日 (月)

判例!

判例!
めっちゃ人権パターンじゃないですか!

という事実に気づいて一人盛り上がりました。

ということは、憲法はもちろん刑訴とかも判例百選を読むのは役立ちそうですね。
判例の読み込み≒優秀答案の読み込みというような位置づけになるのでしょうか。

2008年9月19日 (金)

適性

私は適性に関しては、自主性0の予備校に丸投げする作戦に出ているので、今年も講座(答練含む)をとるのですが、適性の講座は内容に対して本当に値段が高いです。しかも、講師のハズレ率が結構高いので、難しいところです。

私のお勧めはいまLECで教えているイケメンの先生です(顔で選んでるんじゃないぞ)。
数学の先生じゃないほうね。
ただLECは適性の演習問題の質がひどいのでお薦めしません。本試験と全然違うんですよね。数学やってるみたい。
伊藤塾は問題の質が本試験を少し易しくしたような感じの親切設定なのですごくいいと思います。
ただ、適性のインプット講座の方はあまりわかりやすいという感じがしませんでした。キノピオみたいな先生(推論・分析)。読解担当の、のび太くんみたいな先生は結構よかった気がします。
ちょっとした講座しか受けてないので、そこまで自信をもっているわけではありませんが。

今年はWセミナーの演習を受けるつもりです。

多分、適性だけで50万近く払ってます。
なんていうか、適性試験が足きりの要素をもっている以上やらざるをえないし、平均点がどんどんあがっている上に、偏差で評価するので上位ローはさらに足きりラインが高くなるわけで、このシステム事態がよくないんじゃないかと思います。
足きりライン8割で、100点のうち50点が現代文の速読テストみたいな内容だと、いつ爆死してもおかしくないなって思います。

適性落ちて爆死したら、
①働く→就活しなきゃ→勉強時間取れない→適性で生き残っても二次で爆死。
②浪人→来年も適性で死ぬかも→ループ
③予備試験→たぶん難しい→諦めてローへ→ループ

あわわ……!!

適性は未習者のみに課して、既習者は法律センター試験にしてほしいです。
とかいって、再来年から実施とか言われたら呪いますけど。

合格者はいくら減らしてもいいから、適性をどうにかしてください。

2008年9月13日 (土)

3つの工夫

身になる勉強にするためには、身になるように工夫することが大切だと思うんです。
計画を立てる時は誰でも工夫をします。いきなり範囲を日数で割ってそれをそのまま日々のノルマにする人なんていませんよね。予備の日を入れたり、想定しうる失敗パターンを予想しながら、つまり工夫しながら計画を立てるわけです。そうやって完成された計画が成功したにしろ失敗したにしろ、何も考えなかったよりはずっとよかったはずです。
ところが、勉強の中身である暗記や理解となると、途端に何も考えず暗記すべき事柄を黙々と書き取ったり、呟いたりする人が多いのです。
そこで、私はこれらのステップにおいても工夫をすることが大切ではないかと思うわけです。

1.計画の工夫
2.暗記の工夫
3.理解の工夫

というわけで以上の3ステップを意識してみましょう。
意識するだけでだいぶ変わると思うのです。
私も自分で考えたやり方であるにも関わらず、これらのことをすっかり忘れて、覚えられないだのわからないだの一人でパニックに陥ることがあります。
でも、その時に、調子のいい時は、いつもこんなやり方をしていたと思い出せれば、概ね解決します。


工夫とは何か。
どうしたら、覚えられるか。どうしたら理解できるかを考えてみることです。
どう考えるかは人それぞれですし、人それぞれやり方の向き不向きがありますから、どうすればいいというのは難しいですが、考えれば少なくとも何も考えないで行動するよりはずっと効率的になると思います。

ヒントとしては、なぜ理解できないのか、なぜ暗記できないのかを考えてみることです。
そうすればこの単語の正確な意味(定義)がわかっていないんじゃないかとかだんだん見えてきます。

最近、わかってるんだかわかってないんだか漫然と勉強することが多いので、より強く意識したいと思って。

2008年9月 7日 (日)

ロー対策

週に2日、休みを兼ねて、英語・適性・ステートメント対策の日を作ることにしました。

さようなら論基礎

論基礎を使いはじめて(多分)一年近く経ちましたが、いよいよ卒業かなあと思っています。

私はマーカーとかそんなに使うほうではないのですが、何度かまわしているうちにマーカーも多くなり、はじめはメモ書き程度だったものもやがては部分的に論証を変えたりして、最終的にはほとんど変えてしまいました。
別に載っている論証が悪いとかそういうことではないのですが、論基礎の特徴として論証の中にある程度択一対策というか教科書的なものも兼ねているような気がするんです。そうすると、実際に論文試験に使うという観点からすると、短くしたり、理由付けも違うものにしたりする必要が出てくるわけです。

でも一番の理由はほとんどの論証をもう覚えてしまったことだと思います。
自信をもって、「潰せた」といえるかはわかりませんが、本の分厚さの割にその本からまだ身についていない知識は少ないと判断したので、まとめて部屋の隅に片しておくことにしました。

というわけで、現状では択一の過去問(憲民刑)と論基礎(六法)を一応はやり終えたわけですが、さてこれから何をしましょうか。

論文の過去問検討がもちろんメインにはなるのですが、演習を一日続けるはつらいし、飽きてしまうので別のこともやろうと考えています。
基本論点をもっと掘り下げたり、条文の処理、あてはめの練習とかそういうのをやりたいと思っています。
何かいい教材があればいいのですが。

あと、論点の名前をいまいち覚えていません。
ウェーバーの概括的故意とか転用物訴権とか言われても、はてどんな問題だったっけ、という感じです。
問題を解く時には具体的な問題文がありますから、問題ないのですが、択一でたまにその知識を前提とした問題が出ると戸惑ってしまいます。

それにしても過去問は難しい。
論証が書けるなんて前提中の前提で、それらをもとにどう能力をあげていくのか、という感じです。
例えば、物凄く基本的な論点の相当因果関係理論とかでもあてはめの段階で、どうしたらいいんだろうと思って、答えを見てなるほど、という時がたくさんあります。なるほどと思えればいいのですが、解答にしても判例にしても参考書にしても見ればみたで疑問が疑問を呼ぶということも多々あります。要するに、まだまだなんです。

きっとここからが重要に違いない。
ここから、センスの差が出ると思うんです。がんばるぞ。

2008年9月 6日 (土)

有料自習室

やばい、なんだココは!

勉強が嫌になったら、こういうところに行くのもいいですね。
っていうか行きたいです。誰か連れて行ってください。

2008年9月 3日 (水)

これから

残り1年はちまちま条文を中心に勉強して、論文の過去問をもっと検討しようかなあと思っています。
市販の問題集やるぐらいなら、多少古くても過去問の方が素材がよさそうな気がするので。
余裕があれば、論基礎にはなくて、シケタイでAランク、B+ランクぐらいの論点を潰そうかと思ってますが、そんな論点は少ししかないだろうし、多分やらないと思います。

ある程度の論証をサンプルとして暗記しておけば、知らない論点が出ても対応できる気がします。
少なくとも論点だということに気づけば、ですが。
どうしたら気づくかというと、条文だけの処理能力を上げておけばいんだと思います。あとは論点にすらなっていないド通説とか。
何か課題ができたら、方向転換します。
最初の目標をコロコロ変えることに何のためらいも感じないので(笑)。

2008年9月 2日 (火)

教訓

午前中が気が乗らないからって外で勉強すると、ちょうど日が照っている時に外を歩くことになり、体力の消耗に繋がる。
出かけるなら、むやみに移動しない。
涼しくなるまでは外に出ない。
結局、家がいい。

ここ3日ぐらい長時間勉強してる。このまま続くといいのですが、そろそろ無理そうです。
勉強すればするほど、単位時間の効率もあがってくる。この嬉しさを忘れずにがんばりたいです。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

赤Google

  • ウェブ検索
    カスタム検索

VIP

無料ブログはココログ

読んだ本

blogランキング