« 有料自習室 | トップページ | ロー対策 »

2008年9月 7日 (日)

さようなら論基礎

論基礎を使いはじめて(多分)一年近く経ちましたが、いよいよ卒業かなあと思っています。

私はマーカーとかそんなに使うほうではないのですが、何度かまわしているうちにマーカーも多くなり、はじめはメモ書き程度だったものもやがては部分的に論証を変えたりして、最終的にはほとんど変えてしまいました。
別に載っている論証が悪いとかそういうことではないのですが、論基礎の特徴として論証の中にある程度択一対策というか教科書的なものも兼ねているような気がするんです。そうすると、実際に論文試験に使うという観点からすると、短くしたり、理由付けも違うものにしたりする必要が出てくるわけです。

でも一番の理由はほとんどの論証をもう覚えてしまったことだと思います。
自信をもって、「潰せた」といえるかはわかりませんが、本の分厚さの割にその本からまだ身についていない知識は少ないと判断したので、まとめて部屋の隅に片しておくことにしました。

というわけで、現状では択一の過去問(憲民刑)と論基礎(六法)を一応はやり終えたわけですが、さてこれから何をしましょうか。

論文の過去問検討がもちろんメインにはなるのですが、演習を一日続けるはつらいし、飽きてしまうので別のこともやろうと考えています。
基本論点をもっと掘り下げたり、条文の処理、あてはめの練習とかそういうのをやりたいと思っています。
何かいい教材があればいいのですが。

あと、論点の名前をいまいち覚えていません。
ウェーバーの概括的故意とか転用物訴権とか言われても、はてどんな問題だったっけ、という感じです。
問題を解く時には具体的な問題文がありますから、問題ないのですが、択一でたまにその知識を前提とした問題が出ると戸惑ってしまいます。

それにしても過去問は難しい。
論証が書けるなんて前提中の前提で、それらをもとにどう能力をあげていくのか、という感じです。
例えば、物凄く基本的な論点の相当因果関係理論とかでもあてはめの段階で、どうしたらいいんだろうと思って、答えを見てなるほど、という時がたくさんあります。なるほどと思えればいいのですが、解答にしても判例にしても参考書にしても見ればみたで疑問が疑問を呼ぶということも多々あります。要するに、まだまだなんです。

きっとここからが重要に違いない。
ここから、センスの差が出ると思うんです。がんばるぞ。

« 有料自習室 | トップページ | ロー対策 »

日々(学部3年夏~)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 有料自習室 | トップページ | ロー対策 »

赤Google

  • ウェブ検索
    カスタム検索

VIP

無料ブログはココログ

読んだ本

blogランキング