« 刑法の思考方法 | トップページ | 旧司の択一 »

2008年11月26日 (水)

考える

特に択一で。

どうすれば、この問題は解けるのだろうと選択肢を見る前に考えてみると、学習効果があがるような気がします。
テストでは、冷静さにつながりますし、楽な解法を見つけられるかもしれません(特に刑法)。
練習では、出題者が理解しておいてほしいところが、おのずと見えてくるので、ポイントをはずさない学習につながります(特に過去問)。
そして、復習や答え合わせにおいても、どうしたらこの問題は解けただろう(何を知っていれば解けたのか)ということを考えることも同様に重要です。
その、「何を知っていれば解けたのか」という知識は当然少なければ少ないほどいいのですから、解答に至る最短の知識がすなわち理解すべきポイントというわけです。


以上のようなことをずっと大切だと思っているのですが、勉強を続けているうちに(私が)忘れてしまいがちなので、書いておきました。
特に昨日は解けたり解けなかったりして、やみくもに解いてしまったので。
どうやるにしても、頭を使いながら勉強したいものです。

明日は今日よりもよい勉強を。

« 刑法の思考方法 | トップページ | 旧司の択一 »

日々(学部3年夏~)」カテゴリの記事

コメント

ガッテン、ガッテン、ガッテン!
過去問、同じ解き方してます
今日も、昨日より良い勉強を。

>道鑑さん
ありがとうございます。
毎日進歩したいですよね。
ガッテンガッテン(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 刑法の思考方法 | トップページ | 旧司の択一 »

赤Google

  • ウェブ検索
    カスタム検索

VIP

無料ブログはココログ

読んだ本

blogランキング