« 集中しない人 | トップページ | がんばることが大切 »

2009年4月23日 (木)

だんだん

一般に良いといわれる本のよさがだんだんわかってきました。
最初、ネットで調べたりして評判のいい本を見つけても、えーこれかあ、なんて思ったりしたんですけど、だんだんそのよさがわかってきたというか、なんなんでしょうね。笑

辰巳の本は全体的にいいものが多い気がします。逆に伊藤塾とLECは使えそうで使えないものばかり。
セミナーは、たまにいいものがあるという感じ。コンパクトデバイス(セミナー)はコンパクトであること以外に、いいところはないと思っていますけど、そのコンパクトさだけですごくいい本だと思う。特に会社法みたいな科目では使いやすいんじゃないかと。かけこみ両訴(辰巳)は文句なしの最高の市販ノート!同様に規範集(辰巳)もお薦め。直前期はこの2冊で乗り切ろうと思案中。

« 集中しない人 | トップページ | がんばることが大切 »

日々(学部3年夏~)」カテゴリの記事

コメント

NHK連続テレビ小説でマナカナが出ていましたね。
谷中の夕暮れの階段にも似ているのがありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 集中しない人 | トップページ | がんばることが大切 »

赤Google

  • ウェブ検索
    カスタム検索

VIP

無料ブログはココログ

読んだ本

blogランキング