« 『重点講義 民事訴訟法』 高橋宏志 | トップページ | もうすぐ »

2009年6月 2日 (火)

大学受験コーナー

知人の妹が大学受験をするというので、一緒に書店の参考書コーナーに行って、一緒に本を買ったりしました。
ついこの間まで、大学受験生だったのに、もうしらない参考書ばかりで時代の流れは早いなあなんて思ったり。
私が勉強してた頃より、特に増えてるのが勉強法の本でブームなのかなと思ったのですが、ちょっと読んでみるとなるほどと思うのもあって、まだまだ享受するものがこのコーナーには残ってるんじゃないかとか思いはじめて無駄に数冊買ってしまった。
その後、スタバで勉強について4時間ほど話して解散。
受験生時代のノートがほしいというので、私はノートなんか使ってなかったから役に立たないのばかりだよと弁解しつつ数冊渡すと(本当に役に立たないと思うけど…)

「字が雑な女の人は頭がいいって思ってたんですけど、やっぱりそうでしたね」

「えっ、き、汚いかな……」

合格者のノート欲しがるのってなんでしょうね。私は全然そんなことは思わなかったんだけど、そのコの高校では先輩のノートをもらう慣習があるようです。彼女と私は別の高校ですが。
私は本当にノートを使わなかったので、あるものといえば、問題集を解くのに使った数学のノートぐらいなので、それをあげたのですが、だから汚いのはしょうがないというか……(言い訳)。
あとは授業のノートくらいか。これもルーズリーフにして、試験期間が過ぎるともう捨てちゃってたしなー。
今思うと世界史の黒板をうつしたノートとかLECみたいに最初にコピーして配ってくれればよかったのにって思う。
それにしても、字が汚いなんてショックすぎる。たしかに汚いんだけど。

あと、世界史の教科書をあげた。
「このはしっこに書いてある暗号みたいのはなんですか?」
「なんだろう……忘れちゃった」(ほんとに覚えてない)
「そうですか……」

あまり期待に添えなかったかもしれない。
参考書もあまってるのたくさんあるからあげようと思ったのですが、思った以上に埃をかぶって汚くなってたので、やめました。しかも、綺麗なやつって私が(何らかの理由で)やらなかったやつだから、あげてもあんまり意味ないしと思って。本棚いっぱいくらいの問題集とか持ってたんですけどね。全部捨ててしまいました。今ある司法試験の本も全部捨ててしまうと思うと勿体ない気もするなあ。とかいって、論基礎は実はもう処分済みだったりします(笑)。あと、プロヴィデンスも封を開けないまま捨ててしまった。LECの自習室に寄付すればよかったかな。

今もノートもなくて、テキストのすみにはよくわからない暗号が(これは意味がわかってる!)書いてあるのですが、それもやがては「忘れちゃった」になるのでしょうか。受かってればなんでもいいけど。

色々懐かしいと思った1日でした。
適性試験も大学入試センターなんだよっていったら、驚いてた。
二人して、「大学入試センターうぜー!」っていう時代を超えた叫びが。笑

« 『重点講義 民事訴訟法』 高橋宏志 | トップページ | もうすぐ »

日々(学部3年夏~)」カテゴリの記事

コメント

ぼくも、中3の姪っ子に、合同式という数学のプリントをあげました。
大学入試レベルの範囲ですが、6年一貫女子校から医学部を狙う
というので、「このくらいはやっておきなさい」と手紙に書いて送って
おきました。我ながら良いことをしたと自画自賛しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『重点講義 民事訴訟法』 高橋宏志 | トップページ | もうすぐ »

赤Google

  • ウェブ検索
    カスタム検索

VIP

無料ブログはココログ

読んだ本

blogランキング