« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年10月31日 (土)

趣旨からの論証

趣旨さえ覚えておけばかなり応用がききます。
趣旨からの論証ということで、ひとつ覚えておくとよいでしょう。

xx条の趣旨がAとします。
このAには例えば、信頼保護だとか取引の安全だとか債権者保護とかそういうものが入ります。

そうすると、論証は、

そもそも、xx条の趣旨はAである。
そうだとすれば、実質的にAとなるかどうかで判断すべきである。

となります。単純ですね。
ここで、趣旨だったはずのAは突如、規範としても機能するわけです。
そうすると、あてはめも、Aにあたるかどうかで考えればいいわけです。

ここに、~~は~~で、Aとなるとはいえない。
したがって、xx条の適用はないと考えるのが妥当である。

みたいに使えるわけです。

これで趣旨さえ覚えておけば、論証なんか不要ですね。
もちろん、判例の規範があるものは、それを覚えておくべきなのでしょうけど、まずは骨格だけという意味でもこういう覚え方をするのがいいと思います。

あてはめも微妙なケースでは、たしかに~~とも考えられる、しかし~~で、あてはめも論証っぽくなりますし、趣旨さえ覚えておけばかなりどうにかなると考えてよいでしょう。


2009年10月29日 (木)

久しぶりです

ログインしなさすぎて、ログインの仕方を忘れてしまいました。
一度、ログインしなくなると、全然しなくなっちゃいますね。
別にガリ勉してたからログインしなかったわけでもないのですけど。

なんかココログすごい使いにくいんですよね。
他のブログにすればよかった。
ロー入ったら、ブログうつしてもう少し綺麗にまとめようかな~って思ってます。

最近一日が早い。あっという間!
年とかそういうのよりも、かなりきっちりした生活になってしまって、決められたことをやって寝て終わりみたいな毎日だからだと思うんですよね。

2009年10月 3日 (土)

茂木センセ

茂木先生の本はどうも好きになれないなあ。
好きだからやる! 好きだから頑張る!
どっちかっていうと、やらなきゃいけないから好きにならなくてはいけないのような気もするけど。

2009年10月 1日 (木)

集中力をあげる方法

集中力をあげる方法というよりは集中力を持ち直す方法という感じですが、似たようなものなので一般的な言い回しにしておきました。
集中力がきれるときって徐々にきれていってなくなるのでしょうか、それともふっとなくなってしまうものなのでしょうか。考えてみると、案外どっちかわからない。というのも、気がついたら集中力がなくなってることが多いからです。
いつの間にか、基本書をパラパラ漫画をめくるように手でもてあそんでいたとか、勉強のプランをノートに書いてたとか(笑)、ありますよね~。
そんなとき、ハッ、いま私は何をやってたんだ!!となるわけですが、私の経験上(私だけかもしれませんが)、そのままもう集中力ないし、いいやって感じでぐだぐだやるかさっさと帰ったり、とにかく持ち直そうとしない。

それで、おまじないみたいなものなんですけど、あっ、いま(一瞬)別のこと考えてたな、とか全然関係ないページ読んでたとか、なんとなく集中してないなって思うときあるじゃないですか。時間が妙に気になるとか(笑)。
そういう時に、ノートのはしっこにチェックマークをいれておく。別に○でも×でも自分の名前でもなんでもいいと思いますけど。
そうすると自分が集中力がきれてたことを自覚しますよね。そうすると、あっ、やらなきゃっていう感じでまた集中できる……らしい(そう本に書いてある)。

それで実は私は結構前からこれを知ってて実行してるわけですが、効果は実感として結構あるなって感じです。
皆さんもよかったら採用してみてください。
私は試験中もこれを使ってますよ。試験のときも、ああ疲れたってふと冷静になって周りの受験生をボーっと眺めちゃう時ってあるじゃないですか、だから試験の時でも役立つしなかなかいいんじゃないかとは思います。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

赤Google

  • ウェブ検索
    カスタム検索

VIP

無料ブログはココログ

読んだ本

blogランキング