« 久しぶりです | トップページ | お久しぶり »

2009年10月31日 (土)

趣旨からの論証

趣旨さえ覚えておけばかなり応用がききます。
趣旨からの論証ということで、ひとつ覚えておくとよいでしょう。

xx条の趣旨がAとします。
このAには例えば、信頼保護だとか取引の安全だとか債権者保護とかそういうものが入ります。

そうすると、論証は、

そもそも、xx条の趣旨はAである。
そうだとすれば、実質的にAとなるかどうかで判断すべきである。

となります。単純ですね。
ここで、趣旨だったはずのAは突如、規範としても機能するわけです。
そうすると、あてはめも、Aにあたるかどうかで考えればいいわけです。

ここに、~~は~~で、Aとなるとはいえない。
したがって、xx条の適用はないと考えるのが妥当である。

みたいに使えるわけです。

これで趣旨さえ覚えておけば、論証なんか不要ですね。
もちろん、判例の規範があるものは、それを覚えておくべきなのでしょうけど、まずは骨格だけという意味でもこういう覚え方をするのがいいと思います。

あてはめも微妙なケースでは、たしかに~~とも考えられる、しかし~~で、あてはめも論証っぽくなりますし、趣旨さえ覚えておけばかなりどうにかなると考えてよいでしょう。


« 久しぶりです | トップページ | お久しぶり »

LS受験期」カテゴリの記事

コメント

ときどき覗かせてもらってます。
のりこさんは、ロー入試はどんな感じですか?
某KOとか確保しつつ、国公立に挑まれているといった感じでしょうか?

まだ準備中ですよ~。まだどこも受けてないです。

早くから法解釈の技術が備わっているようで本当にすばらしいなと感じます。
私も趣旨からの論証をよく使います。
そして、趣旨からしれーっと判例の規範につなげることが論理飛躍が多少あってもベストな論証であるとハイローヤーの上位合格者は書かれていましたのでできるだけ今はそうしていますよ^^
やはり試験委員は趣旨を一番聞きたくて、そして、規範もあがっていればより好印象なのかなと思います。

うーん。。。やっと辿り着いたのか。。。だいたい、論証を覚えようとするところから大失敗じゃ。
原理原則・趣旨・常識からの説きほぐしが大切なのだが、総合的な説得力が生まれるのは
単にセンスの問題なので、パターンをよく研究して、くどいくらいに努力しておくれ。法律家は
頭悪いくらいに立場を動かさないことじゃ。動かしたら政治家になってしまう。女帝!政治家に
なりませんか?今なら簡単になれるので、次の参議院選挙でも。

>ゆっきーさん
コメントありがとうございます。ゆっきーさんもがんばってくださいね。
個人的に試験委員は趣旨とあてはめを聞きたいと思うんです。
(試験委員の想定する)あてはめをするには、その前提として規範が試験委員の想定されたものでなくてはいけませんから、やっぱり規範が違うって、すごくよくないと思うんですよね。
だからポイントを挙げるとすれば、やはりゆっきーさんの言うように、趣旨・規範なのかなあと思います。

>さるべてさん
司法試験合格の第4の選択肢として、政治家があれば、それにするかも(笑)。
そのときは投票してくださいね。

これはいい。http://nnstarterpp.net/lp/lzs6k1s

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 趣旨からの論証:

« 久しぶりです | トップページ | お久しぶり »

赤Google

  • ウェブ検索
    カスタム検索

VIP

無料ブログはココログ

読んだ本

blogランキング