学習経過

2008年5月 9日 (金)

スケジュール変更

今年の答練のスケジュールを見たら、去年と少し変わっていて、私が思ったのとは少し違ったものだったので、それにあわせて私もスケジュールを変えるつもりです。

想定外のことが起きるのはあまり望ましいことではありませんが、短期でまわせる直前答練のようなものが新しく(?)出来たようで、私としてはうれしいハプニングです。

答練に関しては、どれがいいのかは何もわからないのでまだまだ迷っています。

・候補

LEC前期A型 国公立対策

LEC前期A型 私立対策

スケジュールと答練の名前が違うのですが、スケジュール的には後者、ニーズとしては前者を受講したいのですが、内容は別ものなのでしょうか。

なんとなく内容が同じもののような気がするので、迷うところではありますが。

私の予定では6月から答練を受けてそれをペースメーカーに学習しようと思っていたのですが、答練のスタートが少し遅れるのでそれまでに択一の過去問を潰しながら、基本書やテキストをのんびり読んでいるつもりです。

択一を解くと、理解の甘さがわかることもあって、なかなかいいと思っています。

私のひとまずの目標であるロー入試からすれば択一(の知識を入れること)などどうでもよいので、遅めのペースでひとつひとつ考えながらやっています。それでも問題数が少ないので遅くとも夏の終わりには潰して、ひとまず知識を入れる学習は終わりにするつもりです。あとは復習、復習。

2007年10月 4日 (木)

学習経過~はじめに

私の学習経過についてこの項目では書いていこうと思っています。
というのも、自分で見直すのはもちろん今後LSを受験なさる方にとって参考になればいいなと思っております。
予定では鮮やかに合格しているはずなんで、私と同じ学習をとってくだされば合格する……と(笑)。
まあダメならダメで、失敗した受験生のいい例になることでしょう。

何れにしても、こういった学習の経過を独立した項目で書くのはそれなりに有意義なのではないかなと思っております。

簡単に私の初期値から。
【大学受験】
やりました。元暴走族から……とかではなく、一般的な司法試験受験生という感じです。
【数学】
一応やってました。決して得意ではない。数学と法律は似ているなんていいますが、確かに結構似ている部分があるなあと思います。ただ、数学が苦手でも全然問題ないと思いますね。青チャートや1対1対応をもくもとくと覚えて、難しい問題を解く基礎能力とするというところが結構似ています。論理学自体が数学と似ているといいますが、私の数学はそこまで完成していなかったのでよくわかりません。
【英語】
一応。それなりに得意でしたが、典型的な日本人型の学習法でしたのでTOEICとかはそれほど有利ではないと思います。当然、帰国子女でもない、と。
一年生の時に学校でTOEICを受けさせられたのですが、私は欠席してしまって(故意犯!?)正確な初期値は不明ですね。
【学部】
法学部ですから、多数派です。まあ、学校の勉強と資格は全然関係ないのはわかりきったことですよね。
学習法の本や合格体験記にいちいち他学部と法学部をわけて書くのはナンセンスなんじゃないかなと思います。


*司法試験関連
【予備校】
LECでした。ただ伊藤塾の講座なんかも取っていますが、入門講座はLECです。
単科のDVDにしました。(パックで申し込んだわけではないということ)
講師は柴田先生ですね。
07年の6月くらいですかね。ただ一年前のDVDですから06年生になるみたいですね。

【時期】
07年の大学2年生スタートです。
これも平均的ですよね。個人的にはもう少し早くはじめればよかったと思っています。
ただ親がどうせ挫折するんだから1年待ちなさいとかわけのわからないことを言い出したせいで出遅れてしまったという感じです。当然、1年生の時は法律は無勉強です。

【学習の経過】
基本的なスタンス:早く、何度も繰り返す!
*1年目
5月~6月 入門のDVDを一気に見る。予習復習なし。(*1)
6月~9月2週 憲法→民法→刑法→商法→民事訴訟法の順番で学習。大体3週間から1ヶ月で一科目のペース。(*2)
9月3週~10月1週(現在) 民法をもう一度(*3)

(*1)柴田先生は基礎編と論点編にわかれております。例えば民法が24回あったら、そのうち17回が基礎編で一度終わらせてから、18回目以降が論点の解説だったりします。
憲法までは全部聞いていたのですが、いかんせん予習も復習していないので論点がさっぱり理解できず民法からは基礎編のみで次の科目に進んでいました。結果的に早く終わらせることができてよかったと思います。
大体倍速で1日2コマのペース(3h/day)で2~3週間もあれば全部聴き終わると思います。行政法はDVDが届いていないのでやっておりません。(07年から行政法が追加されたので、06年のDVDには入っていない)

(*2)刑訴と手形法はカット。刑法の収賄関連もかったるかったのでカットしました。何か作戦があるわけでなく、ただやる気が起きなかっただけです。
基本的にこの時期は取った勉強法は以下の通り。

①まず範囲を決める。
ex.今週は憲法の人権をやるぞっ!

②範囲に該当するDVDを確認する。(民法風にいえば特定しておく。笑)
ex.人権は憲法の1~4回と11回・12回目か……と把握する。
@この点については最初の段階でレジュメに第n回と書いておいたので便利でした。

③範囲分のDVDの【基礎編】を一気に聞く
→アウトラインを思い出す
@やはり復習はしない。(した方がいいのかもしれませんが……)

④【論文基礎力養成講座(以下論基礎)】を読む。ひたすら読む。わからなくても読む。
④それと同時にDVDの【論点編】を聞く。わかったところを忘れないうちに【論基礎】を読む。
@覚える気0です。とにかく何度も読んで、理解を目指す。

[おまけ]
柴田クラスのアイテム復習用レジュメと論証は基本的に学校でやっていました。
ただ、どちらも憲法はやっていたのですが、民法に入って見事に挫折して結局やりませんでした。
論証は商法と憲法だけ学校で読んでいました。法律用語問題集の方は憲法でちょっとやったきり、ほとんどやりませんでした。
柴田先生は大学入試で慣れた一問一答形式と仰っておりましたが、私は一問一答苦手なんですよね。
そんな言い訳はおいておいて、とにかくやりませんでした。

(*3) 刑事訴訟法に入らずに民法をやった理由は以下の二点。

①【論基礎】がまだ発売されていなかった。
@なんかこういうハプニングってやる気なくしますよね。

②民法をやろうと思った時期に学校の試験があり、ほとんど勉強できなかった。
@私は先に範囲を決めてやってもやらなくても先に進むようなプログラムを組んでいたので見事に民法をあまりやらないまま他の科目に入ってしまったんですよね。そんなわけで弱点をつくらないように復習。


ちょっと長くなってしまいましたが、現状はこんな感じです。
学習時間は平均すると1日3~4hぐらいですかね。1分勉強しない日というのはほとんどないですが、かといって1日に15時間も勉強するような日もあまりありませんね。マイペースにやっている感じです。

大体勉強をはじめて半年弱で、なんとか問題集の問題の解説が理解できるようになってきたというぐらいの成果ですね。論証も覚える気はなかったのですが、よく出てくるものに関してはそこそこ覚えております。

続きは来年の3月くらいですかね。あんまりマメに報告すると、後でみにくくなりますから。

赤Google

  • ウェブ検索
    カスタム検索

VIP

無料ブログはココログ

読んだ本

blogランキング