柴田クラス

2008年8月14日 (木)

入門講座後の学習

柴田クラスの入門講座が聴き終わりました。さあ、どうしましょうという話をします。
といっても、何をやるかは人それぞれだと思うので、私の経験談を中心に書いていきます。

私は、入門講座後は[基礎編]を予習も復習もしないでさっさと聞き終えた後は、[論点編]をまた憲法から聴きました。これも、予習も復習もしないでさっさと聴き終えました。
それが終わった後は、論基礎を自習教材として使い、空いた時間はひたすら論証を読んでいました。
空いた時間というのは、寝る前や電車の移動中、退屈な講義の時間、学校の休み時間、朝起きて目が覚めるまで、などなどです。
今思うと、よくあんなに退屈な作業をひたすらやったなと思うくらいです。

もっとも、機械的合格法では、入門直後はすぐに択一過去問というプランが提示されていますが、個人的には論文対策をやったほうがいいと思います。

というのも、
①多くの受講生は旧司法ではなくロースクールを受験することになるというのが一つです。
ロースクールは学校にもよりますが、概ね論文です。それに試験が同時である以上は配点が重いであろう論文をやらざるをえません。今年は択一だけでも……なんて全然意味がないのです。

②次に、択一は重く、難しいこと。
過去問をみればわかりますが、すごく分厚いです。択一から手をつけると、択一がこなせなかったときに、論文はまったくの手つかずで受験することになって、最悪の結果になります。
また、択一の過去問は難しいです。すくなくとも柴田先生の講座を受けた直後では、残念ながらほとんど解けないと思います。実際、私も択一をなんとなく解いてみたところ、解説があまりにわからず、疑問が疑問を呼び、さっさと諦めてしまいました。
それから、勉強が進めば、択一を解いた時にどういう能力が必要なのかある程度わかるし、聞いている部分もなんとなくわかるはずです。ところが、入門の知識も定着していないときに、いきなり問題を解くと、わけのわからない箇所にマーカーをひいたり、覚えなくていいものを覚えたりして明後日の方向へ進みがちです。
あとは、刑法の過去問は事務処理能力が問われるから適性に役立つというような話がありますが、そんなことするなら適性試験の勉強をしたほうがいいです。

③最後に、論文の勉強はわかりやすいことが挙げられます。
論文の勉強といえば、まずは論点を理解して、論証を書けるようにすることからはじまるのだと思います。
少なくとも論基礎はそういうコンセプトで書かれた問題集だと思います。
論点の理解は講義があるからいいとして、問題となるのは論証の記憶・理解です。
とはいっても、論証自体が説明ですし、講義も受けているのですからさっぱりわからないということはないと思います。さっぱりわからないなら講義を聴きなおせばいいのだと思います。
ちなみに、わからないからといって基本書を紐解いてみても、論点について予備校のように詳しい解説があることはまずありません。講義を聴きなおすか、予備校の参考書を買うのがいいと思います。
では、覚えるほうはどうかというと、これも特に障害はありません。論文にそのまま書くわけですから、ある程度ポイントはあるにしても、覚える対象となる文章をそのまま再現できればいいのですから、何をやっていいのかわからない、どこを覚えればいいのかわからない、なんていうことはないと思います。


じゃあ論基礎が終わったら何をすればいいか。
はっきり言ってしまうと、論基礎はおそらく終わらない(完璧にはならない)と思います。
ですから、ある程度期間を決めて集中して学習したら、次のステップにうつってしまうのがいいと思います。
期間は1年ぐらいで、その間に論基礎を各科目3周ぐらいがいいと思います。私はもう少しやった(まわした)と思いますが、基本的に浅くやっているので、あんまり回数は参考にならないと思います。

私は、論基礎をロー入試までひたすらやろうと思っていましたが、飽きてしまったので、結果として1年弱ぐらいでやめてしまった感じです。それで択一の過去問をやったりしました。論基礎をみっちりやっていれば、条文+(論基礎や講義で覚えた)判例の知識などで対応できるものがほとんどだと思います。対応できるというのは、解けるのではなく、解説読んでなんとか理解できる、考える方向性ぐらいはわかる、ぐらいのものです。


最後に、答練について。
入門講座が終わって論基礎に入ったらすぐに答練を申し込むといいと思います。
答練は週1のペースのがあると思うので、それをとって、毎週定期考査があると思って、必死に勉強するといいと思います。与えられた168時間を答練に間に合わせるために配分したり色々やってみるのです。
ただ、答練はだらだら進む(六法をまわすのに週1だと半年もかかる!)ので、①まずは答練の範囲をこなせるようにして(答練の範囲内で1度も触れてない部分があるのは最悪)、②次にその範囲内から出題される答練を解くことを目標として、それができたら(ある程度一喜一憂できるようになったら)③答練のペースを越えてもっと早く学習するといいと思います。

ちなみに私は①を最初の目標に設定し、どうせ答練の問題は解けないと思ったのでパンフレットだけもらってスケジュールの部分を手帳に書き込んで、それをペースメーカーにしていました。それができるようになったら、答練のペースよりやや早く、勉強の計画を立てていました。やっていたことは前述したように、論証の読み込みと論基礎の読み込みだけです。鉛筆もマーカーもほとんど使わなかったと思います。ずっと読んでいました。

それで実際、答練を受けて思ったのですが、問題は難易度の低い答練を選べばかなり簡単です。
論基礎の問題とほとんど似たような問題が出ます。
私が初めて受けた答練では(勉強をはじめて1年以上経っていたときですが)、憲法の問題でそのまんま判例の問題出たので、だいぶ難易度は低く設定してあるのだと思います。論証の確認としては最適ではないかと思います。
だから、範囲さえこなせれば、答練で2時間座っているだけなんていうことはないと思います。どうしようもなかったら、さっさと退室してしまいましょう。受けるか受けないかうじうじ迷っているぐらいなら、面倒だったら休めばいいやという感覚で受講してしまうのがいいと思います。勉強がすすんでいないときは答練を受けるのも億劫だと思いますが、これも面倒だったらすぐに退室すればいいやと思っていけばいいんだと思います。

そんなわけで、まとめると、入門後はすぐに論基礎を頭からはじめる。わからないところは随時、講義を聴きなおしたり参考書を見たりしましょう。柴田先生は書籍が多いので、自習の際にとても便利だと思います。
入門講義シリーズは本当に講義とあんまり変わらないです。具体例とか笑い話も一緒だったりするときがあります。
そして、一定の時期が経ち、ある程度自信がついたら(飽きたら)、択一なり論文の過去問なり好きなことをやればいいんだと思います。


せっかく柴田クラスを受けているので、色々有益な情報をのせたいのですが、いかんせんニーズがわからないので、何か聴きたいことでもあればメールでもコメントでも、くれたらと思います。

2008年4月24日 (木)

入門講座は早く終わらせる

-入門講座は早く終わらせる-

柴田クラスについて、第二回です。
今回は[お薦め受講法①]です。通信であることが前提です。

カテゴリー内の記事が後に書いたものから上にきてしまうので、まとめて読む人は物凄く読みにくいですよね。
申し訳ない。
時間があれば改善したいと思ってはいますが……。


※第一回を読んだことを前提に書いていきます。といっても柴田クラス特有の単語を省略するだけですが。


資格予備校はなかなか合理的にできているもので、入門講座で必要な範囲がきちんと終わるようになっています(先生の言う通りならば、ですが)。
とにかくせっかく入門講座をとったわけですから、「入門講座でインプットの全てがおわる」という柴田先生の言葉を信じてみようではありませんか。
というわけで、入門講座=学習すべき範囲です。

そこで、私の作戦は、範囲がわかっているのですからとにかく全体を見回してしまおうというわけです。
いわば、最初の段階は司法試験に必要な勉強のイメージを掴む作業というわけです。

【とにかく早く終わらせる】
[早く見終わるための技術]
①[論点編]は全てカットし[基礎編]だけを見る。
そうすれば全92回の入門講座は実に半分以下になります。

②DVDを倍速設定にする。
どのパソコンも二倍が限界ですが、はじめは二倍くらいでいいと思います。
短期集中ということで気合を入れて理解に努めましょう。わからないところは飛ばしますが、どうしても気になるなら、巻き戻したり再生速度を遅くしてもいいと思います。
ですが、柴田先生の話し口調は決して早くないので二倍推奨です。
聞き取れないという人は徐々に二倍に近づけていきましょう。
ちなみにテープですと、二倍で再生するにはかなりの金額を出さなければならない上に、ピッチが変わって声が変なふうになるものがほとんどですから、テープはダメです。
私はよく知りませんが、倍にできるならインターネット受講もありだと思います。

③予習・復習はしない
とにかく先へ進む。見終わったらすぐに次のDVD。
補助教材やLECから送られてくるいかにも使えなさそうなテストは、すぐにゴミ箱へ。ただし柴田先生のオリジナル教材は役立つものが多いので残しておきましょう。プロヴィはゴミ箱で問題ないと思いますが不安な人は残しておきましょう。

④少しでも先へ
1コマ3時間だと、つい3時間の余裕がある日しか講義を聴こうとは思わないものです。
しかし、それではいつまで経っても講義が終わらないので、1分でも2分でも先へ進めなくてはいけません。

具体的にどうするか。
④-1 二分立で考えない
とにかく怠け者は二分立で考えがちです(私も含め)。

(×)今日は24時には寝たい。いまは22時だ。残りは2時間しかない。……やめておこう。
(厳密に言えば倍速ですから2時間で充分ですが、それはひとまずおいておくことにして)
(○)~残りは2時間しかない。……じゃあ、とりあえず前半の90分を聴こう。

―これでいいと思ったら大間違いです。

(◎)~残りは30分しかない。……じゃあ、30分講義を進めよう。

④-2 ふせんを使おう
半端に講義を進めると、どこまでやったのかわかりにくくなる。
DVDならレジューム機能を使えばいいのですが、他にも応用できるものとしてふせんを使うといいです。
ふせんに第3回1:22とか書いておけば、すぐにそこから続きを見ることができます。

④はすごく大切です。いくら倍速とはいえ、まとめて3時間(実質90分)見るのは結構疲れます。
ですから、今なら聴けると思った時にどんどん聴いて進めておくのがコツです。
10分の空き時間でも倍速なら20分です。早く進めることをひとまず至上命令としてとにかく聴く。
私のお薦めはパソコン前に紙を置いておいて、民法12345678…と書いておく。それで聴き終わったものを消す。それだけでも充分にやる気に繋がる。

はじめたばかりのやる気が尽きる前に入門講座を終わらせる。
これに尽きます。


ありえそうな疑問には予め答えておきます。

Q.そんなに早く聴いて理解できますか?
―できないところもできるところもあるし、ゆっくり聴けばわかるかも、という部分もあります。
ですが、早く聴いても遅く聴いてもそう変わりません。下手の考え休むに似たり。

Q.大体どのくらいで終わらせればいいですか?
―目標は一ヶ月。現実的にやや遅れて一ヶ月半といったところでしょうか。私もそのぐらいだった気がします。
三ヶ月はまだ許容範囲。とにかくできる限り早くということです。

Q.あとで聴きなおすのですか?
―そう。

Q.二回聴くのは無駄じゃないですか?
―無駄ではありません。入門講座で習ったことは頭の片隅にも残っていないはずですから。


続きは近いうちにまた書く予定です。

2008年4月13日 (日)

柴田クラスについて(受講を考えている人へ)

一応私の頭の中にある当blogのコンセプトは、これからの受験生のために少しは役立つ内容を残すというものですので、柴田クラスについて少し書いておきます。
これから受講をする人や受講を迷っている方を対象に、実際に私が受けた印象と客観的な講義の特徴をまとめておきます。

[講義形式]
LECのテキストであるプロヴィデンスは一切使わず、オリジナルレジュメを使用。
講義は淡々とレジュメの内容を解説し、マーカーを引かせたり、めりはりをつけるようなことは一切しない。
理由は重要なところしかやらないから、とのこと。

入門講座の内容は主に[基礎編]と[論点編]にわけ、入門講座内で二周する。
このへんが少しわかりにくいと思うので具体的に説明をしたいと思います。
(少なくとも私は事前の情報から講義の内容をよくつかめなかったので)

まず入門講座自体は[全体構造編]→[憲法]~(略)~[刑事訴訟法]とすすむ。
各法律の中で、例えば憲法は13回くらいあるのだが、その中で前半の6回くらいが[基礎編]であり後半の7回くらいが[論点編]である。科目によってそのバランスは違うけれど、刑法・刑事訴訟法は論点編がほとんどで、民法・民事訴訟法は基礎編がほとんど、残りの憲法と商法は半々くらいの感じだった。

[教材]
配布されるものとしては、[オリジナルレジュメ]・[論証集]・[法律用語問題集(復習用教材)]・[プロヴィデンステキスト]があります。講義で使うものは[オリジナルレジュメ]だけです。入門講座全92回の中で、オリジナルレジュメ以外を使うことは一度もありません。こういうことを堂々と言うのも憚られますが、六法を使うこともないので持っていく必要はないと思います。それぞれについては後述。

[オリジナルレジュメ]
分量はとにかく少ない。説明は一切なく全てが箇条書き。
重要な条文は引用がしてある。
論点はわかりやすく四角で囲まれている。
内容は司法試験に必要な範囲を網羅しており、知識としてはこれだけで充分らしい。

[講義について]
喋るスピードは比較的遅いのでメモは取りやすい。この速度でメモがとれない人は、はっきり言って文字を書くのが遅いのだと思います。確かに文字を書く速度は人それぞれですが、司法試験は論文試験がありますから極力早くメモをとるようにすべきなのは間違いがなく、早く書く努力くらいはすべきかと思います。
私は通信だったので全て倍速で聴いていましたが、メモのためにDVDを止めたことは一度もありません。

マーカーを引く等の作業時間が一切ないので、講義中は一度わからなくなるとかなり退屈ですし眠くなると思います。しかしテープやDVDで聴きなおす時は作業時間がほとんどないので、とても有意義です。何度も聴く価値のある講義をしていると思います。
ライブの方はわからなくてもメモを取る努力をしたりして、わからなくなって退屈になってしまった時に、どうすべきか予め考えておくといいと思います。
柴田先生は初学者に優しいので、説明が終わった後に簡単にまとめてくれたりしますから、その機会を待つ意味で、わからなくても集中していれば、そういったチャンスがやってくるかもしれません。

進度は大雑把な目安ですが1コマに10ページから15ページくらい進んでいくと思います。予習をするならそのぐらいを目安にしておくのがいいと思います。
ちなみに予習は講義の前提とはなっておらず、予習はしなくても平気です。

講義自体はとてもわかりやすいです。
例えば憲法の統治の部分では、小学校で習うようなレベルの知識からきちんと解説してくれて、いわゆる公民が全然だめな人がもすぐに理解できると思います。
雑談はほとんどありません。ただ、先生の講義自体が結構楽しいので、つまらない講義ではないと思います。

前述した通り、マークをするなどの作業時間がないため、講義中は必死にメモをとるか話に集中するかどちらかだとは思いますが、絶対に二回聴くというのでなければメモをとるべきだと思います。
絶対に二回聴くのであれば講義を聴くことに集中するほうがいいと思います。
理想は友達と二人で片方は講義を聴いて、片方はメモ、後で情報を統合することだと思います。
暗記や理解は一人でしなくてはなりませんが、情報収集は協力してできるので、分担できるところは分担しておくといいのではないかと思います。ま、これは余談ですが。

講義は3時間あります。3時間は想像を絶する長さで、絶対に集中することはできません。
そこで私は友人をうまく使って協力することを薦めますが、友達がいない方もいるでしょうし、3時間への対策は予め考えおくべきだとは思います。

[予習・復習]
予習は不要。講師から復習のために何かを指摘されることもないので、各人の自由。
個人的見解を述べますと、復習の際には[論文基礎力養成講座](以下論基礎)という柴田先生の出している本を使って講義で触れた範囲のものを復習し、その回で学んだことをぼんやりと思い出したり、レジュメの内容についてよく考えたり六法を引いたりするといいと思う。余力があればレジュメの記述を丸暗記するよう努めるべき。
その回の択一の問題を解いてみるというのが業界のスタンダードなようだが、個人的にはそんなことよりも入門講座の復習をすべきであり、択一は後回しでいいと思う。
柴田クラスの大きな特徴として、講義を中心に勉強をやるというよりも自習の中に講義があるというスタイルに適合していることがあげられる。
つまり、講義の復習が終わったら論証を読むなり市販の問題集で演習を積むのが柴田先生のイメージしてる受講生のあり方なのではないかと思います。
自由度の高い講義だから、とにかく講師の言うことを全部信じてその通りやりたいという方はあまり向いていないかもしれない。ただ、与えられたものを全て理解し記憶すればいいのだから、それを淡々とこなせるのなら何ら問題はない。

[法律用語問題集]
復習用教材として位置づけられているので、復習はこれを使う人がほとんどだと思う。
内容は市販のものとまったく変わらないが、ルーズリーフ型になっているので講義の分だけ復習するにはもってこいの仕様となっている。
ただ、必ずこれを使わなければいけないというわけではなく、やることがなかったらこれぐらい覚えておこうというぐらいの位置づけだと思う。ちなみに私は全く手をつけていません。これは怠惰からくるものですので、やらないよりはやったほうが絶対いいです。
通信の人はやる必要はないと思う。
空欄部分は完全にそらんじる必要があるかといえば、怪しいけれど、基本的にはそらんじておく必要のあるものが多い。完璧にしておくと後々ラクになるとは思う。
ただ内容は本当に基本的なことだから、普通に勉強していれば自然暗記で充分身につくものだと思うので、その労力は別の部分に使うほうが効率的ではないかとも思う。
一問一答というスタイルが苦手なら無理にやる必要はないと思います。
ではかわりに何をやるかといえば、講義の復習と論証の暗記、もしくは論基礎の読書です。

[論証集]
柴田先生のオリジナル論証集。C-bookについている論証カードと違って、文章の形になっており、答案においてベタっと貼り付けることができる。
貴重なものなので、やみくもにマーカーで線を引いたりせずコピーしたりして貴重に使うべきだと思う。ただ貴重に扱いすぎて、まるで使わないので本末転倒であるから、汚さない範囲でどんどん読むべきだと思う。
ただ論基礎にも論証は載っているので、別に汚しても構わないかもしれない……。
ちなみに柴田先生のホームページで、やや古いけど、同じ論証がダウンロードできるので本体を汚したくない人にはお薦め。

[プロヴィデンステキスト]
柴田クラスにいる限り利用することは一度もないと思われる。
私は未だに封を開けていないので内容はよくわからないが、どうもC-bookと類似したものらしい。
わからないことを調べるのに使ってもいいけれど、ルーズリーフ型なので使いにくくお金に困っていないのなら、C-bookを買うべき。個人的にはどちらも必要ないと思う。

[市販テキストについて]
柴田先生は教材をたくさん出しておられる。だから、柴田先生べったりでも勉強する教材に困ることはない。
これは柴田クラスの大きなメリットだと思う。柴田先生の教材は柴田クラスの人にとってはとても使いやすく、わからないところがあったとしても、講義を聴きなおせば必ずどこかで先生が解説しているはずである。すごくいい。
しかし、教材は山ほどあるので、どれを買うか迷うこともあるし全部をこなすことはとても不可能だと思うので、簡単に各教材にコメントをしておくことにします。

[S式入門シリーズ]
紙上講義。大学受験でいう実況中継シリーズ。
講義の復習にはもってこいの教材ですが、講義を聴いて間もないうちにはレジュメを中心に復習したほうがより思い出せると思う。思い出せないところはこの本で解決する。
一見すごく入門的な本に見えるけれど、内容はなかなかレベルが高く長い間、重宝すると思う。
ただ値段は高いので、とりあえずそろえるというよりは必要に応じて購入すべき。
内容は割と重いので無理に使う必要はない。

[論基礎]
絶対に必要。この本のために講義があるといっても過言ではなく復習はこの本ですべき。
論基礎に載っている論証は、配布される論証集よりも冗長ではあるが、それは復習用教材も兼ねてのことだと思う。最初のほうは論証を理解し、その後の問題は論証の具体例として答案例を読み進めるのがいいと思う。
とにかく全科目購入し、講義の進度を問わずどんどん読むべき。最終的と言わず、入門講座が終わる頃にはマスターしていたい本。

[合格論文機械的作成法]
割と上級者向け。暇つぶしに読むのはいいけれど、基本的に入門段階では必要ないと思う。
論基礎を潰してから、とりかかる本。これの分厚いバージョンも同様。(演習講座とかそんな名前だったはず)

[機械的合格法]
受講生は既に読んでいるような気もするけど、もし読んだことがないのでしたら、より講師を信じることができるかもしれない!?笑
最初に出た本と[一発合格の技術]という本があるけれど、個人的には前者(↓)のほうがお薦め。
<法科大学院&新司法試験対応>司法試験機械的合格法

[法律用語問題集]
配布される復習教材と同じ。
復習教材が汚くなったりしたら、使うといいと思う。意外と辞書的に使えたりもして持っておくと何かと役に立つと思います。

[S式条文問題集]
一見よさそうなのでつい買ってしまうけれど、とてもこなせない分量なので基本的には必要ない。
辞書としても使えないし、問題集としては分量が多すぎるし、六法としては配置の関係で使いにくい。
やるべきことは全部やった、という人向け?
択一との関係では完択などの本を使ったほうがいいと思います。

[一問一答論点問題集]
用語問題集の銀色バージョン。
論証が一問一答になっているのだけれど、解答部分が異様に長くとても一問一答とはいえない。
入門期には必要がないと思う。
六法全ての論点が一冊にまとまっているので直前期や入門講座がとりあえず終わったあと、頭から論証を潰しにいくときはいいかもしれないけれど、基本的には必要ないと思う。
論証を一度マスターして、穴を確認するための本なのではないかと思います。

[感想]
私個人としては柴田クラスはとてもいいと思います。講師に対する不満は全くありませんし、入門講座後スムーズに演習にうつることもできました。

まだまだ書きたいことはあるのですが、長くなってきたのでこのへんでやめておきます。
必要なことは一通り書いておいたつもりですので、よかったら参考にしてみてください。
参考になればわざわざ書いた甲斐があるというものです。

赤Google

  • ウェブ検索
    カスタム検索

VIP

無料ブログはココログ

読んだ本

blogランキング